女子必見!!【最新】ハイジーナ脱毛の海外事情!海外では、もはやエチケット

【最新】ハイジーナ脱毛の海外事情!海外では、もはやエチケット

ハイジニーナ脱毛は日本にも定着しつつありますが、まだまだ我が国では「お洒落意識の高い人が行うもの」なイメージが強いかもしれません。ですが海外ではもはやハイジニーナは「当たり前」であり、「エチケット」です。むしろアンダーヘアを生やしている方が「だらしない」なのです。
ハイジーナ12

海外では当たり前だからこそ…

我が国でこれだけハイジニーナ脱毛が広まったのも、メリット云々はもちろんですが「海外では当たり前だから」という点も大きいでしょう。我が国では何かと欧米文化に対しての啓蒙が強いです。「欧米で流行っている」ともなれば、我が国でも後追いするかのよに流行り出すものなのです。
これはどのジャンルにも共通している事で、美容とて例外ではありません。「欧米で流行っている美容」ともなれば、瞬く間に日本でも定着していくのです。流行る前に行うと「何それ?」と思われるような事でも「欧米で流行っている」という事実が多くの人に説得力を与える事になるのです。

 

海外ではなぜ当たり前なのか

そもそもなぜ海外ではハイジニーナが当たり前なのかというと、やはり「不潔」というイメージが強いからのようです。欧米人とてアンダーヘアは生えるものですが、言うなれば「ムダ毛」という認識なのでしょう。特に女性の場合、処理しておいた方が衛生的にも良いです。
結果、「当たり前」「エチケット」にまでなったのです。文化や価値観の違いと言われればそれまでですが、欧米ではヌーディストビーチ等もありますので、人前で裸になるケースも多いのです。
日本の場合、近年でこそようやく性に対して開放的な風潮となりつつありますが、欧米ではその点は日本よりも何倍も進んでいますので、異性に見られた際の時の事も考慮しているのでしょう。結果、「エチケット」となったのです。
ハイジーナ13

海外と日本は違うとはいえ…

もちろん海外でエチケットだからとはいえ、必ずしも日本が真似しなければならない事はありませんが、欧米文化への憧れが強い点。そして女性にとっては単に風習的なものではなく、メリットもありますので、結果、日本にも広まりつつあるのです。
いろいろな面で「グローバル化」が叫ばれていますが、アンダーヘアに関しても言うなれば「グローバル化」が進んでいるのかもしれません。その流れが女性だけではなく、男性にまで波及しているのです。読んでみて!【注目】ハイジーナ脱毛を体験した人の暴露ブログが面白い!