怖い!?脇とかより痛いってマジ?ハイジーナの脱毛で感じる痛みは?

脇とかより痛いってマジ?ハイジーナの脱毛で感じる痛みは?

ハイジニーナ脱毛には興味があるものの、デリケートな部位なだけに、痛いのではないかと心配している人はとても多いのではないでしょうか。
近年の脱毛は痛みを抑える工夫がなされているとはいえ、デリケートゾーンなだけに、どうしても傷みが伴うのではないか…と心配している人も多いかと思いますが、ハイジニーナの実際の痛みの方を調べてみました。

 

脇よりも痛い?

脱毛で多くの人が「痛かった」と述懐しているのが脇ですが、脇とハイジニーナ。どちらの方が痛いのか。人それぞれではあるのですが、ハイジニーナも様々な部位があります。
ハイジーナ17

・Vライン

このエリアの痛みはそこまでではないとの声が大きいです。毛質によりけりではあるのですが、皮膚もそれなりに厚い部分ですので、腋の方が断然痛いという声が多いです。皮膚が厚い部分は言うなればそれなりにクッションになってくれます。
痛みが神経に届く前に分散してくれますので、Vラインに関してはそこまで痛くはなかったと述べている人が多いです。

 

・Iライン

この近辺は流石に痛みを覚える人が多いようですが、「耐えられない程ではない」という声が多いです。皮膚の厚みもそこまでではありませんので、痛みを伴いやすい部分ではあるものの、業者によってはしっかりとケアしてくれたり冷やしてくれたりしますので、「耐えられない痛みではない。でも痛い。」といった所でしょうか。

 

・Oライン

この付近はさすがに多くの人が痛みを覚える部分のようです。皮膚がそこまで厚くはない点。更に、痛みに対して免疫がない点もあるようです。他の二カ所に関しては、自己脱毛をした事がある人であれば痛みに対して多少なりとも免疫が出ています。
剃るのではなく、毛抜き等で抜いて脱毛していた人であれば、Vラインに関してはそこまでの痛みではないでしょう。ですがOライン近辺に関してはさすがに免疫がある人はなかなかいません。自己脱毛さえ難しい部分になりますので、痛みそのものに慣れていないのもまた、痛みを強く感じる理由の一つと言って良いでしょう。ですが、この部分は毛がそこまで生えていない人もいますので、まさに「人それぞれ」です。
ハイジーナ16

 

正直、「痛みはない」とは言えない部分もあります。ですが、痛みに耐えれば毛がなくなりますので、痛みに堪えて脱毛する勇気も求められるでしょう。自己脱毛の場合、いくら脱毛しても毛の再生細胞にまでダメージを与えられませんので、抜いたとしてもしばらくすれば生えてきてしまいます。
ですがハイジニーナ脱毛をしっかりと受ければ、毛が薄くなったり生えてこなくなります。毛の「質」そのものを変えてくれますので、痛みは毛質を変えるための必要悪だと思うべきでしょう。中には「全然痛みを感じなかった」という人もいますので、こればかりは受けてみないと分かりません。痛みが気になるのであれば、体験なりパッチテストなりを受けてから考えるのも良いかもしれませんね。