メリット一杯!今は男もハイジーナ脱毛の時代です!毛深い男は嫌われる?

今は男もハイジーナ脱毛の時代です!毛深い男は嫌われる?

ハイジニーナ脱毛と言えば女のものだと思っている男性もいるかもしれませんが、申し訳ありませんがそれは「時代遅れ」「時代錯誤」と言わざるを得ないかもしれません。
なぜなら、もはや男性のハイジニーナ脱毛も「当たり前」と言っても良いものになっているからです。

 

清潔感が求められる時代だからこそ…

かつて、体毛は「男らしい」ともてはやされた時代もありました。「ワイルド」「セクシー」とも言われていました。毛深い男性もそこまで忌避されてはいませんでしたが、時代も変わりました。
「毛深さ」は体質の問題であって、決して悪い事ではないのですが、いつしか「毛深い=不潔」といったイメージが出来上がってしまいました。清潔感が求められる時代になったため、お洒落な男性の多くが脱毛を行っているのです。ハイジニーナ脱毛も同様です。
もはやそれらの部位の毛が「男らしい」と思われる時代は終わりを告げ、何も手入れしていないと「不潔」「意識が低い」と言われる時代となってしまったのです。
ハイジーナ10

なぜそのような風潮になったのか

このような風潮になった理由の一つに、欧米文化があります。実は欧米ではハイジニーナは「当たり前」です。男性でもしっかりと手入れしており、ツルツル、あるいは薄く短く整えているのが当たり前なのです。
そのため、欧米人からすると何も手入れをしていない日本人の方が「不思議」に映るのです。欧米から見た日本というのは「真面目」「清潔」といったものなのですが、そのような日本人がハイジニーナを行っていない事に対しては不思議がられているのです。
我が国の女性は欧米文化への憧れが強いため、そのような風潮を受け入れ、結果、「処理していない男は信じられない」になってしまったのです。
ハイジーナ11

メリットもあります

ハイジニーナ脱毛はエチケットとしてはもちろんですが、機能性の面でもメリットがあります。アンダーヘアが多いと男性器にからまってしまったり、恋人との性交渉の際にどうしても邪魔になってしまったりするのですが、そのような事もありません。
また、こちらも女性同様毛がない方が衛生的にもメリットがあります。男性の場合、例えばお手洗いではチャックを開いて行いますが、チャックをしめる際にアンダーヘアを挟んでしまって激痛に耐えなければならないケースもあるのではないでしょうか。
それも回避出来ます。更に、アンダーヘアが無い方が男性器を大きく見せられます。温浴施設等ではどうしてもその点にこだわる男性も多く、他人のものと比べていろいろと思う事もあるかと思いますので、大きく見せられるのはメリットでしょう。